So-net無料ブログ作成
マンガ雑誌の感想 ブログトップ

『花とゆめ』2007年3号(白泉社) [マンガ雑誌の感想]

2007年1月4日に発売された『花とゆめ』2007年3号

冬のドラマティック宣言号の感想です。
(※巻末の目次ページに

この腰砕けキャッチフレーズが載ってるのです)

読んでいる人にしかわからないうえ、

ネタばれ&キライ発言もありです。

それを踏まえたうえでクリック↓

続きを読む


『メロディ』2007年 02月号 (白泉社) [マンガ雑誌の感想]

 ・よしながふみ「大奥」
  有功と家光がラブくて良いと萌えたのもつかの間、
  (特に京言葉に戻っちゃうところなど)
  また春日局が陰謀を・・・!次が気になる!

 ・川原泉
 「その科白には嘘がある」
 「グレシャムには罠がある」
  ・・・・前号落とした分、今月分も落としてらっしゃる。
  内容が良くても、こう落とされると好感度ダウン。
  『花ゆめ』時代のリアルタイム読者じゃなくて良かった

 ・朔野安子「にぎやかな図書館」
  実は司書資格なんて持ってるので、
  図書館ものは楽しかったです。
  これって「姫君の条件」の世界ですよね?
  続編もあったりするのかしら?

 ・清水玲子「秘密~トップ・シークレット~ 特別編」
  ジャロに訴えてやる!(笑)
  中身はスケートに関するエッセイでした。

 ・原作/佐藤多佳子 作画/勝田 文
  「しゃべれどもしゃべれども~第一席~」
  特に期待してなかったのですが良かったです。
  原作本も気になるけど、
  マンガが終わってからにしようかな。
 
 ・河惣益巳「玄椿」
  途中から読んでるので話がよく分からないながらも
  気になってきました。既刊読んでみようかな。
  ただ、この人絵がものすごくニガテなんだよな。

 ・六本木綾「ベランダ絵日記帖」
  見開き2pのシロート園芸ショートエッセイです。
  結構好き。
  ローズマリーいいな~。
  ハーブ缶でも買おうかしら。


マンガ雑誌の感想 ブログトップ